■有限責任事業組合(LLP)ラジオ・コミュニケーション振興機構について

ラジオ・コミュニケーション振興機構は、文化としての市民ラジオ制度の存続・発展のために、2013年6月に有志によって設立された、有限責任事業組合です。(有限責任事業組合契約に関する法律(平成十七年法律第四十号))

主に市民ラジオ設備(市民無線)に関しての、新規開発・修理・技術基準適合証明の取得までの、技術支援を目的に設立されました。


TOPICS

  • 新規市民ラジオ機の開発を再開しました。水晶発振式、受信部はダブルスーパーです。(2021/02/24)
    現在計測機器類を調達中ですので、来年の新スプリアス基準完全施行は間に合わないかと思いますが、開発に成功した暁にはぜひよろしくお願いいたします。
  • 市民ラジオの技術交流の「交差点」を目指し、新・新技適プログラムを立ち上げます。 目的は新スプリアス基準施行後、合法的に運用できる無線機器が大幅に減少する事を踏まえ、今後も市民ラジオが合法的継続的に運用される事を目指します。
    無線機設計、測定及び品質管理に有資格者の有償ボランティアを若干名募集します。
    原則としてご自宅にての業務となります。必要な機材・部品については、弊組合でご用意いたします。(2012/02/27)
  • みんなのための技適ネット(アーカイブ)

    組合業務実績
  • パラリンピック競技のゴールボールの世界大会における実況システム構築
  • 新スプリアス基準適合に関する研究・測定事業
  • γ線測定機器の開発
  • 食品中の放射能測定に関する技術提供 など

    ■定款等について
    定款等については、本事業組合までお問い合わせください。

    本事業組合に関するお問い合わせ先

    有限責任事業組合ラジオ・コミュニケーション振興機構
    組合設立:2014年3月
    〒330−0064
    埼玉県さいたま市浦和区岸町6−9−10
    組合員・理事長 木下 卓

    メールでのお問い合わせ

代表のプロフィール
  • 1996年福祉系大学修了
  • 品川技術専門校 DIYアドバーザー科 修了
  • 認定電気工事士
  • 初級システムアドミニストレータ検定 合格
  • 第1級海上特殊無線技士
  • 第3級福祉住環境コーディネーター
  • 防災士
  • 一級小型船舶操縦免許(限定なし・特定・特殊)
    登録電気工事業
    登録の年月日 令和2年2月28日 登録番号 埼玉県知事 第20200016号
    電気工事の種類 一般用電気工作物